滋賀県 彦根ゲストハウス無我 女将のブログ 〜〜女将は現役看護師〜〜

漂泊の旅・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。ウィズコロナの中、宿泊される方の思いをしっかり見つめて、模索する日常のあれこれを記します。

2021-08-01から1ヶ月間の記事一覧

降参の始まり

明日から9月。 なんとなく、きちんと生活しようかと ついに老眼鏡を衝動買いしてしまった。 細かい文字が見えにくくなって、 もう降参。 なんの事前調査もせずに使用スタートしたが、 こんなふうに素人判断で着用するものなのか? しかし、100円ショップにた…

つらいだけの初恋

仕事に向かう車の中で、NHKラジオの番組のコーナー 【さにーのZOKKON昭和ポップス】から聴かせてくれたのは、 乙女のワルツ。朝から泣けるではないか。 「つらいだけの初恋」こんな歌詞を朗々と壮大に歌い上げる。 そして仕事場。 ワクチン接種会場での予診…

夜話

先日、某銭湯でのこと。 男湯から出てきたダンナさんいわく 久しぶりに日本古来の美しい入れ墨を見た、と。 おまけに、そのお兄さんに 「さっきのは、アンタのコレか」と小指を。 コレ=私のことね。 ズキューーーン。令和の世でも、こんな言い回しが息づい…

毛穴の意識

研ぎ澄まされた、と言ったらいいのか 対峙して自分の毛穴の全てが意識を持つ感覚になる人、 と出会うことがある。 長年の看護師時代にはインテリなヤクザの親分や精神疾患の患者さんなど。 通常の自分の機動力では立ち打ちできないので、 全精力を総動員させ…

本丸攻め vol.2

歯周病の内科的治療はまだ継続中。 メニューのどこまで進んでいるのかわからないが 今はちょっと痛みを伴う治療中。 この一週間、毎日鎮痛剤を内服している。 コロナのワクチン接種の副反応が出た時買った解熱鎮痛剤が役に立ってしまった。 勧められたわけで…

一人旅

【一人旅】という言葉を初めて知ったのは きっと『遠くへ行きたい』という歌の歌詞だったと思う。 子供心に 学業でも仕事でもない 旅というジャンルが大人にはあるのだ と受け止めていた。 この曲を聴くと誰にでも優しい気持ちになれると言っていた人がいる…

縁側ミシン

もう三十年近く使っているbrotherのミシン。 先日は、糸の調子が久々に良くて予定以上の物が作成出来た。 私はこのミシン以外のミシンを知らないし、 おそらく今どきのミシンはもっともっとハイテクだろうから、 日によってミシンの調子が違うなんてことは無…

オマリーの六甲おろし

甲子園の雨はどうなっているかなぁとラジオをつけると まだまだ降雨で中断中、 前奏、、、 六甲おろしか?、、、 まさか、、、 やっぱりオマリーの六甲おろし! もう六甲おろしは持ち歌でいいよねオマリーの。 昨年、コロナ禍のおかげで発掘した数々の逸品の…

贖罪と隠匿

以前、高齢者グループホームに勤めていたことがあります。 三度の食事の全てを手づくりで提供していたため、 ヘルパーさんは家政婦紹介経由の方が何人かいらっしゃいました。 時々、紹介所の世話役の男性(60代後半くらい)がグループホームに訪れ ヘルパー…

未来

コロナ禍に容赦なく出現する自然災害。 大雨の直後に地震が来たりと、本当に気を緩めることができません。 無差別に飛んでくる爆撃弾に身構えている昨今だと感じます。 親元の地方の天気図や避難指示を見て なぜ私は帰らなかったんだー⁉︎と一瞬後悔しました…

梨チーズトースト

コスパがよかったので ちょっと多く買った梨。 意外と消費できず、そんな時は、、、、 困ったときのネットレシピ。 梨チーズトースト作成。 あまっていたハーブスパイスをふりかけ、 甘+辛+スパイシーが一度に味わえるトーストを堪能。 年をとるにつれ 甘…

隔世感

昭和の時代を懐かしむ半面、 隔世の感が強くなるこの頃。 『尽くす』という言葉は絶滅しているかも、 特に男女間では、、、。 そんなことをダンナと喋った。 年配の御夫婦を見ると、あの奥さんはご主人に尽くしてきたんだろうなあ と思う。 しかし現代ではそ…

輝く愚かさ

自分の愚かな部分を 異性にどう伝えられるか、、、 男女関係が発展する極意だとどこかで聞いたことがあります。 共感、です。 一ヶ月ほど前に、結婚しました報告に来てくれた人。 SNSで結婚を公表したことで知ることとなった人がまた一人。 いずれもゲストハ…

恐怖新聞

恐怖新聞(つのだじろう作)という漫画の ある回が大好きで仕方がない。 霊障に苦しむ主人公の中学生・鬼形礼が担任(たぶん)教師に相談したところ 実際確かめるために鬼形君の家に泊まってくれたのだ。 しかも同じ部屋で布団を並べて。 それでも鬼形君は結…