彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

恐怖新聞

 

f:id:norimurata:20210802124335j:image

 

恐怖新聞つのだじろう作)という漫画の

 

ある回が大好きで仕方がない。

 

霊障に苦しむ主人公の中学生・鬼形礼が担任(たぶん)教師に相談したところ

 

実際確かめるために鬼形君の家に泊まってくれたのだ。

 

しかも同じ部屋で布団を並べて。

 

それでも鬼形君は結果的に救われなかったのだけれど

 

苦しみを相談できる相手が教師であったこと

 

その教師がアナログに地獄を共有してくれる本物の大人であったこと

 

に深く尊敬の念を抱くのである。

 

この回の話を読んで

 

教師になれば良かったとは思わないが(すまぬ)

 

宿業をやって良かったとしみじみ思う

 

相変わらず変化球投手の私。