彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

水垢離

f:id:norimurata:20190507103508j:image明治時代開業の銭湯・山の湯さん。

 

その古い建築様式や謎の薬湯、圧倒的な風情、、、、

 

ゲストさんにプロモートします。

 

若干の注意事項(現代風な設備ではないので)も加えて。

 

入湯し戻ってこられると、

 

どうだった?と尋ねます。

 

最近、立て続けに返ってきた反応が印象的で、

 

「蛇口から洗面器にお湯を調整しながら溜めて、ザバーンっとかぶるのが良かった!」

 

と言うのです。

 

プロモートと違うところが絶賛されています💦

 

♨️♨️♨️

 

山の湯さんは古く、

 

一部シャワーですが、プッシュ式の湯と水の蛇口しかない洗い場があります。

 

地元の常連さんたち(おじちゃん、おばちゃん)は、

 

あまりシャワーを使っていません。

 

そして、ウチから参戦したゲストさんに、

 

プッシュ式蛇口を勧めてザバーンとかけることを教えてくれるそうです。

 

「こうやるのがいいよー」って。

 

みんなでザバーン、ザバーンとやってきたとゲストさんは満面の笑でした。

 

「熱ーっ」「熱ーっ」という思わず出る声も聞こえたようです。

 

♨️♨️♨️

 

まるで、修験道の水垢離ではないか⁉️

 

不浄なものを洗い流すには、シャワーではやさしすぎる。

 

必要以上に過保護になった世の中に、

 

知らないうちに我々は虐められているのかもしれない。

 

クレームがあるのか、現代的な施設では『お湯が熱いので注意してください』なんていう

 

変な貼り紙を見たりします。

 

こういう表示って本当に迷惑。

 

世知辛い世の中の一切合切を「ザバーン」で洗い流して、

 

さ、また明日っていう自分をつくる。

 

そんな山の湯さんです。

 

いつも温かく見守ってくださる山の湯さんはじめ、

 

若者に教えてくれるおじちゃん・おばちゃん、本当にありがとうございます!

 

 

ブログランキング参加しています。ご協力を!