彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

討ち入りの日

f:id:norimurata:20201213223522j:image

「12月14日、討ち入りの日」

軽快に日誌を書きながら言ったのは、元同僚(赤穂付近の出身)。

パンタロンタイプだと『松の廊下』みたいなの」

と言ったのも、別の元同僚。

 

それぞれ当時ヤンキーあがりな感じのイケイケで、

赤穂浪士なんて関係なさそうにみえる女性たち。

イイですね、日常に歴史が取り込まれていて。

笑いが豊かになります。

 

ここ10年近くテレビの無い生活ですが、最近時代劇ってあるのでしょうか?

昔は当たり前のように観ましたが、

あのテンポと人情模様は日本人のルーチンかと。

安心感だったのですね。

 

赤穂浪士の討ち入り(歴史上は赤穂事件という名称)の頃は、

初雪になるのが実家の岐阜ではよくありました。

最近は暖冬で討ち入りの頃の降雪は無かったのですが、

今年はなんだか降りそうな予報です。