彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

山カフェ、ありがとう

f:id:norimurata:20210119002443j:image

『風雪のビバーク』松濤明 著

という本の紹介をNHKラジオ「山カフェ」の中でなされて初めて知った。

この登山家の山での遭難の記録・遺書であるというのだ。

1949年(昭和24年)の事、享年26歳だという。

当時、ベストセラーになったようだ。

これだけで胸が締め付けられるが、必ず読もうと思った。

 

ラジオをよく聴く私は、

この「山カフェ」と「飛ぶ教室」が心の支えになっている。

観察力、洞察力、発進力、の高いマスターで心地よく、

この時代に求められる内容でいつも勉強になる。

 

まだこの本を手にしていないので、分からないのだが

コロナ禍の今、読んでよかったと思えるような気がしている。