オヤジギャグ容認

とある図書館で。
 
一階受付でヒステリック高齢者が、
 
スタッフの若い女性に「市長の○○でも俺の言うことをきくんやぞ」
 
??なる暴言をいい放ち館外へ。
 
私はその時二階の喫茶コーナーにいましたが、
 
喫茶のスタッフさんは[よくあるんです]な表情が見受けられました。
 
二階は別の高齢の男性がいらっしゃり、
 
「老人のヒステリーだね、やだやだ」と失笑。
 
しかしここからの展開がステキだったのです。
 
「僕は絵をカクけど、恥もカクよ」
 
「繊細ですねと褒めたら、『私は後妻です』と言われたことが、、、、」
 
連発。オヤジギャグ。
 
皆を笑わせて、コーヒーを飲み終えサッサとお帰りになりました。
 
一階の方々には申し訳ないくらい、
 
二階は天国でした。
 
ーーーーーーーーーここは、先日の大阪地震の直接の被災地ではない。
 
が、避難所でこういうこと起こっているんじゃない?
 
と想像できた。
 
地獄も仏も同居している緊急事態。
 
不安(余震・ライフライン寸断・様々な喪失感)が日常を支配してしまった被災地。
 
それでも、人の叡智で乗り切らなければならない。
 
復旧を妨げるのが、心無い人の言動であってはならない。
 
こういう時だからこそ、【二階のおじさん】のように、
 
余裕を!!
 
オヤジギャグを!!
 
 

f:id:norimurata:20180620135335j:plain