彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

f:id:norimurata:20210507221753j:image

大学時代、人文学部の友人が【辻】について語ってくれたことがあった。

 

私の旧姓には辻という字が含まれていて、彼女は【神秘的だ】といった。

 

今まで自分の姓に、まったく神秘など感じたこともなかったが。

 

論文で辻について読んだらしく、

 

十文字・交差点・人が出会う・生死を分ける・死者が蘇る、

 

ところなんだと、、、。

 

素敵じゃないか!

彼女とは大抵、サークルの宴会で何かしら芸をする

 

「コンビ」であったが。

 

あれもこれも懐かしいし、教えてくれた辻の意味も深く考えさせられる今日この頃。