彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

荒れ寺

f:id:norimurata:20210415232839j:image

先日ネットで購入した萩(ムサシノハギ)の苗を植木鉢に植え替えました。

 

正確には、植え替えていただきました。

 

赤玉土(アカダマツチ)などをブレンドして。

 

これからは枝を切ることで、成長を促し

 

どんどん枝を増やして伸びていってもらいます。

 

理想としては、歌舞伎の連獅子のように、、、、

 

荒れ寺にダラダラと咲く花のように、、、

 

枝を垂れ、花をつけて欲しいと願っています。

 

開業当時からの希望でした。あーやっと萩を植えることに漕ぎ着けた★

 

移住後のあれこれ

f:id:norimurata:20210414222618j:image

 

彦根移住一年生のMさんから LINEがありました。

 

どこか良い整形外科を教えて欲しいと。

 

痛みがあるようです。

 

以前もお聞きしていたのですが、持病だからと頑張っているようでした。

 

が、やはり悪化しているようです。

 

慣れない地、お一人で仕事と家事をこなす負担や

 

このところの寒さが追い打ちしたのかもしれません。

 

コロナ禍で、スムーズにいかない日常。

 

これが身体に確実にストレスを及ぼしているようです。

 

月並みのアドバイスしかできませんでしたが、

 

頼ってくれて嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

こうしたらいいのに ああしたらいいのに

f:id:norimurata:20210413232134j:image

他人のことは

 

よく気がついて

 

ついついアドバイス

 

庭木の手入れをするオーナーが「この苗がどうたらこうたら、、、」と

 

言ってくるので

 

「専用のアカウント作って記録してください」と遠ざける。

 

私も他人のことは

 

見える。

 

でも

 

黙って自分のことカタチにしよう、、、。

f:id:norimurata:20210406214853j:image

ふと、見上げると

 

こんな文言。

 

これ、罠かな〜。

 

人生そこそこ生きてきて、これを実行したら100%失敗してきた感じ(笑)。

 

今日まさに、裏のない話をするべきか裏のある話をするべきかで

 

頭を捻っていたところに

 

こういう仕掛けがあるとは。

 

これも人生ね。

 

狂ったように散らされる桜吹雪のなか決着をつけに出向くのかあ〜じゃんじゃん。

ゲストハウス無我 園芸部

 

f:id:norimurata:20210405001416j:image

 

今年もゲストハウス無我の庭木などに生る、収穫の季節になりました。

 

まずは山椒の木。

 

今年は初めて山椒の蕾や花を食してみました。

 

去年はこれに気づくのが遅く、残念でしたが。

 

ああでもあれから一年なんだ。しみじみ。

 

嘆いても仕方ないので(コロナ禍を)、庭木と付き合おうとしてから一年。

 

山椒の蕾や花は希少価値が高いものですが、

 

なにしろ初めて口にするので、ちょっとだけ遺言を考えました(ウソ)。

 

山椒の実よりも黄桜マイルド。

 

最近こんなオヤジギャグ多いなあ私。

低山登山第一弾

 

f:id:norimurata:20210404002942j:image

f:id:norimurata:20210404002931j:image
f:id:norimurata:20210404002951j:image
f:id:norimurata:20210404002935j:image

先日、今年第一弾の低山登山をしました。

 

標高133メートルの中島城跡。

 

車で自走中たまたま見つけて、山歩きの格好であったことから登りました。

 

ゆっくり10分ほどで山頂、北陸道が眼下にありました。

 

今年はどのくらい登れるかな、、、。

 

出かける時はそれ相応の格好で出かける必要がありますね。

 

がんばろう。

f:id:norimurata:20210402232034j:image

 

遠い噂で「あの人、今、大変だよ」と聞くような

 

つまりは地獄を見た人の訪問を不意に受けることが何度かある。

 

こちらは、その人のことをもう再起不能なのでは、、、、

 

と心配しているので「また頑張りますのでよろしく」と挨拶されるとビックリする。

 

コロナ前もコロナの今も同様である。

 

自営業って逞しい。

 

お勤めの人には無い力強さに敬服。

 

他人事みたいだが、こちらも自営業の端くれ。

 

まだまだ努力も勉強も全然足りないと思うこの頃。