彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

滋賀県彦根市のゲストハウス無我です。

あなたのその画面ですよ!

f:id:norimurata:20200409220604j:image

タブレットの液晶画面やボタンなんですよ!!

 

意外な落とし穴。

 

はっと思い知らされて近所のお店で買ってきました。

 

メガネ拭き、エタノール入り。100円ショップです。

 

これで拭くのがいいみたいです。

 

感染拡大防止しましょう!

日常的に取り組んでいるのが、マスク・手洗い・うがい・換気・入浴・ヨーグルト・早寝。

 

これに加えて、パソコンやiPadの液晶画面やボタンのアルコール拭き。

 

以前から言われていましたね、確かそれらは便座より汚いとーー。

 

仕方ないです、やっていかないとね。

過去への旅

f:id:norimurata:20200331222741j:image

あるナースステーションの風景(もう10年くらい前の話)

 

ナースA : 「 婚約者が友人に誘われて風俗行ったって判明したー 」

 

ナースB : 「 家に帰ったら、彼氏のキャバ嬢がいたー 」

 

クリーンスタッフ(20代の女子、ちょっとキツネ目): 「 男ってそうよね 」

 

 

 

自宅になるべくいるようになった最近、ラジオやCDをよく聴く。

 

井上陽水のCDを聴いていたら、こんな昔の風景が思い出された。

 

クリーンスタッフは、昭和風に言えば掃除婦。

 

井上陽水の歌の世界観。だと勝手に浸る。

 

不要不急の外出をしないおかげで、過去への旅が横行している。

 

神の石

f:id:norimurata:20200330234003j:image

私が小学5、6年生の頃だったか、

教室の机の中にビニール袋に入れられた小さな石があり、紙も添えられていた。

それには、【これは神の石だ。大切にしろ。】というようなことが書かれていた。

私は筆跡鑑定をクラス中の人に行なった。

送り主は、

分からなかった。

男子か女子かさえも。

小学5、6年ともなるとイタズラも手が込んでくる。

大人になって思えば、

筆跡鑑定をしまくっている私をみて

笑っているか、幻滅したか、、、

の人が近くにいたのだろう。

この頃私はマセていてイケイケであったが、

時々こんなふうにスカートの裾に矢が刺さって行手を阻んでくれることが起こった。

幼いながらも、命拾いしたんだなナンテ思うこともあった。

当時の学校のことは文字化しにくいエピソードがたくさんある。

直に会って大手を振っておしゃべりできる世の中が来たら(今はコロナでダメ)、話したいなあ。

 

ファッションアイテム

f:id:norimurata:20200329234207j:image

昨秋、あるアルバイトのためにホームセンターで購入したナイロンワークスーツ。

これが、非常に着心地が良く、

普段でも着続けている(色気無いーーー)。

トンチンカンな服を着ていても、上から着てしまえば完全にカバー出来る。

そして、何か作業中の人に見える。

グータラしていても、忙しそうな人に見える。(見てねー)

f:id:norimurata:20200329234253j:image

胸のポケットは意外に使い勝手が良い。

f:id:norimurata:20200329234310j:image

足首がマジックテープで絞ることができる(ピラピラしない)。

f:id:norimurata:20200329234340j:image

見えないところも、カワイかったりする!

秋、冬、春、まだまだ着ますよーー。
これで、上下1000円以下は良いお買い物でした。

 

魂の行方

f:id:norimurata:20200328220904j:image

弾いて当てて というゲームの球の動きを見て、霊魂話を思い出した。

はるか昔のこと、ゲストハウス無我の女将が新人ナースだった頃、

夜勤の先輩ナースが教えてくれた話。

亡くなった患者さんの口から青い玉が飛び出し、しばらく病室中を浮遊した後、

吸引器のチューブに吸われてしまった、、、という話。

魂?

リン?
ちょこちょこ青い玉情報はその後も聞いたが、

私はまだ一度もみたことは無い。

🔵

🔵

🔵

コロナの影響で、

怪談ナイトというイベントもしばらくできないので、

思い出した話は書いて行きましょう。

 

 

 

 

 

インドア生活の楽しみ

抹茶編

 

1、抹茶ポテトチップス

 

   ポテトチップスに抹茶パウダーをまぶす(ビニール袋に入れて振るだけ)

f:id:norimurata:20200325224305j:image

2、生八ツ橋抹茶トースト

 

   生八ツ橋が適度にトロッとなるのがgood

f:id:norimurata:20200325224322j:image

 3、考案中

 

 

余談ですが、年をとるにつれ甘いと塩っぱいが同時に味わえるものが楽しくなりました。

欲深くなったのか、残された時間が短いからか。なんて。

 

あと、100円ショップなどで手軽に手に入るものは多いに活用したいし、

有り難みを痛感しています。

 

 

 

同床異夢

f:id:norimurata:20200324225714j:image

2年半前になるが、H病院の外科病棟に入院した時の思い出話。

同室のお向かいのベッドの患者さんは

私より1〜2日前に緊急手術をしたと推測されるS子さんだった。

私よりは10才位はお若かっただろうか。

あいさつ程度で会話をしなかったが、漏れ聞こえるというか、豪快過ぎる話が、

嫌でも耳に入ってきて楽しませてもらったのだった。

S子さんは絶食になってしまったが、食に対する欲望は破格。

「噛んだら飲み込まないで吐き出すから、噛ませて欲しい」と医療者に懇願したり、

「顔の近くでチョコレートを食べてよ。匂いだけ嗅ぎたいから」と面会者に言ったり、

「○○のラーメン、こってりのやつと、△△のレバニラって気分です」と朝回診で答えたり。

それむしろ辛いでしょ、ここは中華料理店じゃないし、朝から重すぎでしょ、

とツッコミたくなる受け答えばかりをするS子さん。

ほぼ医療者はS子さんの豪気な言動にストップをかけようとはしていなかった。

が、一人だけ【デキる】ナースとは抑制の効いた会話をしていて驚いた。

S子さん人を見ているぞ、頭イイ。

ナースも実力も花もある人だったし。

 

意外なところでレバニラの美味しい店を知ることになって、

おかげ様で時々出かけている私だが、

S子さんは元気にしているのだろうか、、、、。