滋賀県 彦根ゲストハウス無我 ママさんのブログ

漂泊の旅・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。宿泊される方の思いをしっかり見つめて、模索する日常のあれこれを記します。

ムカデ咬傷その後

 

f:id:norimurata:20240619190022j:image

 

 

私の実家は裏が山なので、ムカデの王国。

 

十数年ぶりに足を咬まれてしまった。家の中で。

 

 

 

傷口を洗浄した方がいいよなーと頭では分かっていたが、

 

ショックで動けず洗浄はしなかった。

 

冷やした方がいい、とか、43度以上の湯で温めた方がいい、とか

 

迷いますが、破傷風の可能性があるので洗い流すことは必要のようだ。

 

今度はそうしよう、、、って次があるのは勘弁。

 

実家にゲンタシン軟膏が無かったので、

 

市販の虫刺されクリームを塗って寝たけれど。

 

当日よりも三日目が辛くなり、新型コロナのワクチンを接種した次の日と似ていた。

 

呼吸のしづらさ(鼻腔が狭く熱くなった感覚)があり、

 

これはいかん。それと、

 

以前からあった咽頭痛がひどくなり、耳鼻咽喉科を受診して

 

鼻咽腔ファイバーもしてもらい、抗アレルギー薬を処方してもらった。

 

元々のアレルギー体質なので、

 

ムカデ毒によってアレルギー反応が過剰になっているための

 

咽頭痛増強だろうと。

 

謎の咽頭痛だったが、これを聞くとアレルギー性の痛みってことかな。

 

アレルギー薬は初めて内服するビラノアという名のもの。

 

比較的新しい薬で、眠くもならず。

 

これが!!

よく効いて、数日でスッキリしてきた。

 

昔は一ヶ月くらい痒みや腫れに困っていたが、医者にかかるべき。

 

私は咽頭痛が気になったので耳鼻咽喉科だったけれど、

 

こういう場合は皮膚科や内科でよいのではないかと思う。

 

いつかは治るが、アレルギーや持病をお持ちの方や

 

早く日常を取り戻したい方は、受診して何らかの対処をしてもらいましょうね。

 

今年は多い年なのか、ムカデ用の殺虫剤系が売り切れて

 

ドラッグストアをハシゴした。

 

以前より対策グッズが開発されていることも知った。

 

いろいろ、開発や進化が見て取れたが

 

ムカデとの闘いは続くんだなあ。