滋賀県 彦根 ゲストハウス無我の女将のブログ  〜〜女将は現役看護師〜〜

漂泊の旅・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。ウィズコロナの中、宿泊される方の思いをしっかり見つめて、模索する日常のあれこれを記します。

話し上手

 

f:id:norimurata:20221116234251j:image

病院勤務の看護師だった頃、入院患者さんから本当にいろいろな話を聞きました。

 

戦前、農家のご両親がマツヤニを商売にして儲けようとしたために、

 

小学生だったその患者さんや兄弟さんたちは、

 

毎日3時起こされ裏山の松の葉を採取する仕事をさせられた、というのです。

 

松の葉からマツヤニを採って、燃料⁉︎として売る。

 

子供ながらに、生産性が悪いと思っていたと、、、、。

 

お話が上手なおばあさまだったので、他にも印象的な昔話を覚えています。

 

 

 

もうすぐ、ゲストハウス無我の恒例、【庭のお手入れ】が近づいてきました。

 

今年も、樹齢150年以上(かな)のゲストハウスの庭のマツも、

 

庭師さんによって、こざっぱりとなる予定です。