滋賀県 彦根 ゲストハウス無我の女将のブログ  〜〜女将は現役看護師〜〜

漂泊の旅・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。ウィズコロナの中、宿泊される方の思いをしっかり見つめて、模索する日常のあれこれを記します。

日進月歩

 

f:id:norimurata:20220215001722j:image

 

先日、頼まれたので整形外科クリニックへ付き添いをした。

 

着いた途端、密になるし帰っていいよとお達しが下された。

 

待合室は大勢の診察待ちの方々、、、真っ直ぐ私だけ先に帰宅した。

 

持病の腰痛が悪化したのは、ダンナさん。

 

しばーらくして帰ってきたら、かなり元気になっていた。

 

ブロック注射は以前と違って簡易で楽に済み、ストレスが少なかったようで。

 

あとは内服薬とコルセットを持ち帰ってきた。

 

かかりつけ医に、「痛かったね、大変だったね。」と労ってもらったことも

 

とても嬉しかったようである。

 

注射の進歩と同様、ドクターも優しく進化したのか。

 

本当にどこへ行ってもドクターは優しい。

 

一昔前は違ったんだよ〜〜〜。