彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

羨望の孤独

 

f:id:norimurata:20210913223922j:image

 

実家の母から聞いた話。

 

地域のコミュニティーバスの常連さんたちの中の

 

ある高齢御夫人が「実の娘と二人暮らしなんだけど、

 

ストレスがたまると一人であるところに泊まってくるのよ。」と話す人がいるらしく

 

皆がどこのどういうホテルか⁉︎と探っても

 

秘密のようでそこまでは吐いてくれないらしい。

 

それでも、みんな一斉に、いいなあと言うらしい。

 

母が私に「そういう人もいるから泊めてあげてね」って。

 

ハイ、お泊まりいただいていますよ。

 

緊急事態宣言中なので、近隣の方にお越しいただいて

 

こちらも励まされておりますね。

 

 

 

孤独との付き合い方、

 

孤独の必要性、、、

 

をこのような皆さまの姿を見て勉強になります。