彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

みかん入りおにぎり

 

f:id:norimurata:20210423233118j:image
「K学園にボランティア行くんだけど、一緒にどう?」

昔々、高校生だった私はそう誘われた。

その人も同じ高校生の同じ学年の女子。でも話したこともなかった。

なぜ私に言ってきたのだろう、と普通は思う。

いえいえ私にだから声をかけてきたのだ。二つ返事でOKした。

部活のない土曜の午後、高校から近いK学園に二人で向かった。

K学園は児童発達支援センターで、ボランティアの私達は幼児が多くいる部屋に

案内され一緒に遊んだ。

それにしても、誘ってくれた彼女の心の中を想像して頭がいっぱいだった。

すぐ、おやつの時間になり、私達も一緒にいただいた。

缶詰のみかん入り🍊のおにぎりだった、、、生涯で唯一無二のsweetsかもしれない。

彼女とは、その後軽く会話をするようにはなったが、

深い相談をするような友人関係にはならなかった。

今は名前も思い出せない。

 

当時私はスキャンダラスな女の中の一人で、彼女もまた同じだった。

浮名を流し、疲れて、終止符を打って、一人っていいなあって言っている時だった。

松田聖子(注1)が中森明菜(注2)を誘ってボランティアに行った。

そんな具合。

高校生ながら、人生って楽しいなって思った記憶がある。

それから何十年経っても、人生観って変わっていない。

 

注1、注2、について→スキャンダラスな面だけの喩えです。全て含めて尊敬しています!