彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

守山市立図書館にて

f:id:norimurata:20190924163202j:image最近は、松本清張にハマっています。

その前は、横溝正史で。

その前は、江戸川乱歩だった。

ダンナさんとよく昭和史の話をするせいかもしれません。

 

『もく星号墜落事件』という実際の事件があるのですが(初めて知った)、

当時の諸事情でほとんど情報がない中、松本氏個人の取材記録が唯一の貴重な証しだとか。

時代が変わっても、結局同じだな、という諦め感を昭和史からもらってしまいます。

 

図書館の机で、寺山修司『時には母のない子のように』を読んだあと

そういえば、松本清張は、、と振り返ってみたら全集があった📖

自分家のように寛いでしまう守山市立図書館です。