滋賀県 彦根 ゲストハウス無我の女将のブログ  〜〜女将は現役看護師〜〜

漂泊の旅・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。ウィズコロナの中、宿泊される方の思いをしっかり見つめて、模索する日常のあれこれを記します。

風立ちぬ

f:id:norimurata:20221109231033j:image

 

これは、私がよくよく一人旅をしていた時、お守りのつもりで携帯していたバンダナ。

 

衣類を包んだり、車中で休憩時に窓の目隠しにしたり。

 

意外と強く、少し色褪せたけれど。

 

中学時代、東京へ転校していったクラスメイトが私ともう一人の友人にくれたもの。

 

ながーくお守りの役目をしてくれて。

 

秋になると思い出す。

 

バンダナをありがとう、だけど

 

美しい思い出をありがとう!!

 

決して今の姿を検索しようとはしないわー。鉄則鉄則。

 

思い出は美しいままで。

ナツコ

 

f:id:norimurata:20221109000200j:image

 

ゲストハウス無我をリピートしてくださるゲストさんから、お知らせがきました。

 

新規で起業するとのこと。

 

ダブルワーク、副業、になるのでしょうか。それとも趣味の延長かな。

 

コロナ禍の中、着々と進めていらっしゃったことに敬服します。

 

そして、一報くださったことも嬉しいし

 

心から応援したくなります。

 

秘めたものを持つこと、形にすること、他人と関わっていくこと、、、

 

人間のエネルギーの良い出力ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

パワーポイント

 

f:id:norimurata:20221108000550j:image

 

私が遅れているのだと思いますが、

 

LINEでパワーポイントを送っていただいて先日驚きました。

 

数年前、自分もパワーポイントを使いましたが、

 

きっと進化していて今は簡単につくれるのではないかと思います。

 

それにしても本当にIT分野の進化はすごいですねー。

 

って、送ってくださった資料はまだ読み込んでいないのですが、、、、。

 

その資料というのは、

 

アルコール依存性の家族会でズーム講義のもので、

 

講義をされる方は昨年知り合ったベテランナース(男性)です。

 

人一人と知り合いになると、こんなにも未知の世界があるのか〜

 

と、いつも思います。

 

ライフワークを明確に持った先輩は貴重で、少しでも見習いたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

卒論

f:id:norimurata:20221106232149j:image

先日は卒論の取材で中山道に来られた大学生さんがゲストでした。

 

どんな視点で研究するのか知りたいところでした。が、

 

取り敢えず地元の人に中山道について窺ってみることを提案しまして、

 

近所の居酒屋さんをお薦めしました。

 

今頃は、頑張ってまとめているのでしょうか。

 

数年前から、ゲストハウスそのものが卒論のテーマになっていて

 

よく学生さんに取材をされることがありました。

 

学生さんの目から見る、このスピードの速い変化する社会は

 

どう見えるのか、

 

こちらも窺って見たい思いでいっぱいです。

 

 

 

 

この可愛さって

f:id:norimurata:20221105232909j:image

先日、プチ日帰り旅行で亀の井ホテルさんの貸切温泉を楽しみました。

 

温浴施設などは数多く行っていますが、貸切を利用したのは人生初の試みでした。

 

近い場所ならではの非日常感です。

 

前日に予約してから本当にワクワクでした。

 

 

 

そして見つけた、足マットの可愛いさ❤️

 

あーもーこういう親しみやすいレトロさって堪りません。

 

オリジナルなのでしょうか?

 

 

貸切プランも、普通の日帰り温泉プランも、

 

ずっと続けてくださることを願っています。

 

 

 

 

今年の漢字

f:id:norimurata:20221104234515j:image

とある図書館で、見つけた今年の漢字の募集、そして投函箱。

 

 

 

秒で浮かんだ字、『多』を書いて投函した。いろいろありすぎたので。

 

 

 

こんなふうに設置してあるとは知らず。

 

 

 

京都の偉いお坊さんが決めていると思っていたが。

 

 

 

来年の今頃は『少』と書いていたいものだ。

 

 

北國街道を行く【米原市 飯村橋】Vol.4

【出発、帰着】2022年10月某日

【交通手段】車、徒歩

【所要時間】買い物ついで 20分ほど

f:id:norimurata:20221103101154j:image

天野川の飯村橋(いむらはし)を目指します。

伊吹山がよく見えます。

余談ですが、私が非常に多く車旅をする中で

山を見て位置関係を自然ととるようになりました。

一人旅が多い中、珍しく友人と二人旅をしたとき、それを感心されました。

ちょっと自慢です、、、。

f:id:norimurata:20221103105533j:image

f:id:norimurata:20221103234112j:image

飯村橋。

 

f:id:norimurata:20221103105609j:image

天野川には何種類もの渡り鳥が。橋の欄干はカラスが並び立ってちょっと怖いんですが。


f:id:norimurata:20221103101219j:image

資料によると飯村には渡し場があったようです。名残でしょうか?

f:id:norimurata:20221103101258j:image

橋を渡り、車道(普段よく使う道です)を横断し飯村の集落に来ました。

今日はここまでです。

集落の中に北國街道が残っているらしいのですが、風情がありそうで楽しみです。f:id:norimurata:20221103110415j:image