彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

チェリーピンク

f:id:norimurata:20210106123458j:image

小中学校の友だちで、かよちゃん、がいた。

初めてのランドセルが、男子=黒、女子=赤、と疑わなかった時代に

かよちゃんは颯爽と一人チェリーピンクのランドセルだった。

中学になって私が先輩とトラブった時、

皆があの先輩には逆らわん方がいいという中で、

先輩がいつも正しいわけじゃない、と涼しい顔で擁護してくれたかよちゃん。

多感な思春期に、好きな歌手は新沼謙治と大々的に言える勇ましさ。

もちろん私も大好きだが、先見の明凄すぎだったかよちゃん。

そんなかよちゃんとは、自然に同じソフトボール部で、

自然と私がピッチャーになり、彼女がキャッチャーになった。

当時、実業団から誘いがくるくらいのピッチャーになっていた

私の球を受けられるのはもはや彼女しかいなかった。

いや、彼女だったから私もそこまでいったのだ。

本当に素晴らしいキャッチャー(=女房役)だった。

しかもキャンディーズのスーちゃん似の彼女に

受けてもらえるのは本当に誇らしいことだった。

人知れずキャッチング練習(つま先で蹲踞とか)をしていたようだったし。(笑)

お互い心身ともに充実して成長していたんだと思う。

余談だが、学校区が一大風俗店を含んでいたため、

来る人来る人本物のヤクザ(父兄が部活のコーチだった時代)、、

ある日不良集団のサッカー部員らが

私たちにノックしに来た人をみて犬のように一目散に逃げて行ったことがあった。

 

かよちゃんは、特技の美術センスを生かしてアパレル業界に就職した便りを最後に

連絡はしていない。

会っていないけど、私を心の母のように支えていてくれてきた。

100人が黒といっても、自分は白と言える人。

可愛いから許されたのかな。

でも今でも変わらず、可愛く元気なおばさんでいるんだろう。