彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

花言葉に涙する

f:id:norimurata:20201231003440j:image

耐えよう

 

そんな言葉が新聞の見出しにあって目を止めた。

 

同感であった。

 

パンデミックになって一年になる。

 

ゲストハウス無我の動きは止まっているが、

 

ゲストハウス無我の時間は刻まれている。

 

私はやっとこの家の庭の草木と向き合うことができ、日々新鮮である。

 

100年以上存在するこの家と日本庭園は、

 

戦争や自然災害や泥棒(想像)、、各種の難題や変化に耐え抜いている。

 

庭にある草木の花言葉南天=難を転ずる、松=不老長寿、柊=用心深さ、

 

モミジ=自制、センボンヤリ=辛抱強さ、山椒=健康、、などなど正に今なのだ。

 

外からの魔除け、内側の戒め、と見受けられるウチの庭木たち。

 

先人の切なる願いと知恵が凝縮されていて、感慨深く日々眺めるようになった。

 

神仏と同じではないか、、、。

 

とりわけ私は、松=待つ、と掛けてある意味もあることに感じ入った。

 

待とう、耐えよう、新年も。