彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

ロバのパン♪

f:id:norimurata:20201109230351j:image
f:id:norimurata:20201109230354j:image

岐阜の実家に帰省中、

突然母が「『いなかっぺ大ちゃんの数え歌』、、、じゃなかった、、、」

しばらく考え込み、

「そうそう『ロバのパンの歌』!!あれはいいよね」と言い出した。

(よかったよかった思い出せて。)

 

テレビでお笑い芸人さんが歌ったら、それを知らない世代の若いお笑い芸人さんが

むちゃくちゃ喜んで絶対ロバを見にパン買いに行くーーと興じていたと。

父(黙しているが)も母も、今の若い人にはこういう楽しみが必要だと言わんばかり。

時代が違い過ぎて比べるのも意味がないかもしれないが、

人間すごく単純なことに心を躍らせるって大切だと思う。

あのロバのパンの歌はパブロフの犬のように脳内に直結。

ロバ(本当のロバではなかったらしいが)を見たさに所在を探し回った。

馬車から車販売になっても見に行きたかった。

ゼリーたっぷりのゼリーパンはたいがい売り切れ。

 

数年前、岐阜県内で偶然ロバのパンの歌を耳にして

販売車を見つけ

子供に混じって私もパンを買った。

大道芸のような哀愁のある興奮を感じた。

高度成長期前から続く御商売にただただ尊敬。

 

(よかった、いなかっぺ大ちゃんからロバのパンにシフトしてくれて)

 

ブログランキング参加しています。ご協力を!