彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

迎撃回想

f:id:norimurata:20201013235314j:image

ゲスト(大学生)さんをみていて、

自分が初めて一人暮らしをした時を回想。

 

まかない付き女性専用九部屋暮らし、、

銭湯と共同温泉ザンマイ、、

下宿の前身は元遊郭、、

毎晩大騒ぎ、、

替え歌、、

建物の写真が一枚も無い、、

本当に居住したのか、、

あまりにも遠い昔に思えて、、、、、

いや、本当に下宿していた、、

一度痴漢が風呂場から侵入した、警察沙汰、、

その何ヶ月か後に警察が誤報?で下宿に立ち入り、、

不審者だと思い全員で迎撃態勢をとった(フライパンやテニスラケットを持ち)、、

危うく警官を叩きのめすところであった、、

下宿の御主人(いつもは温厚)が警官に大激怒・大叱責してくれた、、

冬場に室内でシャンプーが凍った、、

夏場に室内にクワガタが飛んで入ってきたのをGと見間違え、迎撃、、

 

迎撃体験が多かった初の大学生一人暮らし。

もちろんSNSも携帯電話も無い。

下宿の公衆電話にかかってきた電話を下宿の御主人が取り次ぎ呼ばれるシステム。

なんか全部バレていたね、、

私はテレビも無かった、、それは今もだ、、

でもとにかく雑に楽しかった。

回想、以上。