彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

ホテルカリフォルニアにたどり着く

 

学生時代にふっと還る曲、ビリージョエルのthis nightとlongest timeを聴いた。

検索していると、イーグルスのホテルカリフォルニアの紹介があったので

聴いてみると(もちろん有名なので知ってはいた)、とても味わい深い。

リアルな思い出のビリージョエルから、私には未知のイーグルスを導いてくれた。

ホテルカリフォルニアは、歌詞を書き写してみようかと思うほどの出会い。

ネットでは、意図しない情報にたどり着くことがあって面白い。

ホテルカリフォルニアはメロディーは知っているに過ぎなかったし、

そのバンドがイーグルスだったと結びついていなかった。

これを機にアメリカのロックバンドもいろいろ勉強してみたくなった。

おそらく、若者たちもこうやってネットで未知のものに辿り着いているのだと思う。

願わくば、少しでもリアルな思い出(ビリージョエルであったように)が

噛んでいて欲しい。

コロナ禍で学校行事が中止になる中、リアルな思い出を作り辛い学生さんたちを

本当に気の毒だと思う。

それでも、何かはあるはず。諦めないで頭に焼き付けて欲しいとオバさんは願う。