彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

人を動かすもの

f:id:norimurata:20190326204426j:image

ブログランキング参加しています。ご協力を!

 

 

彦根ゲストハウス無我にお越しいただくゲストさんの中には、

 

雨森芳洲杉原千畝の足跡を辿る旅の道中に投宿される旅人がいらっしゃいます。

 

さぞや小難しい中高年の人?と思われます。が、

 

いえいえ、若い知的な女性ばかりです。

 

日本国内の遠方から、船や飛行機でいらっしゃるのです。

 

滋賀県長浜市は雨森氏、福井県敦賀市は杉原氏の資料館があります。

 

両氏共、外交官。雨森氏は江戸時代の鎖国中に、朝鮮との外交に尽力。

 

杉原氏は昭和時代の第二次世界大戦中に、ユダヤ人の亡命を助けた人です。

 

足跡を辿る旅は、私も共鳴するところが大きく、

 

その地に自分が立つことや、空気を吸うことが、

 

何物にも代えがたい自分の血となり肉となる感覚を得ます。

 

彼女たちに、

 

感動したでしょ   って尋ねると、

 

はい  って笑顔が返ってきます。

 

桜の開花状況もいいですが、

 

時節に流されない生き方も一興です。