ゲストハウス無我の女将のブログ

煩悩ではなく本能の日記

ママさん

ママさん。
 
最近呼ばれた中で一番気に入っている呼び名。
 
くすぐられる。
 
奥さんってのが多いから〔全くくすぐられない)。
 
私をママさんと呼んでくれるのは、アメリカからのリピーターさん。
 
この地で起業するため訪日し、ウチを利用してくださっている。
 
我々が起業した数年前は、地方都市で起業するのはナンセンス。(随分言われたなー)
 
ましてやアメリカ人が日本の伝統的な家屋を買ったり、
 
ロマンを求めて日本旅行をするなんて考えられなかった。
 
暗黙に、アメリカ人は自分探しの浪費旅はしないと認識していた。
 
が、この一年で様相が変わった。
 
来ないと言われていたアメリカ人が、ウチにも来るようになった。
 
ビジネスはもちろん、アニメオタク、ネット社会に疲れた人、、、、、。
 
今年、訪日外国人旅行客は3000万人を超えるといわれている。
 
ウチの微々たる数は、何にも反映されないのだが、
 
アメリカ人の動向の変化は強く実感するところだ。
 
失礼ながら、その野望は超ビックではなく、
 
ゲストハウスを作りたいとか、アニメの聖地で就職したいとか、
 
日本人と同じ慎ましやかな感覚なのだ。
 
つまりは競争相手がダイレクトにアメリカ人ということに。
 
そう、
 
この一年私が個人的にヒシヒシと感じたことである。
 
大きな時代の移り変わりが用意されている、来年。
 
国内外の既存の【枠】というものにも変化が起こるのだろう。
 
ますます、目立ってくることが【志】なんだろうか。
 
 
 
ゲストハウスに来る日本人諸君にも喚起したい。
 
同じ宿に泊まっている外国人は、自分の競争相手であったりビジネスパートナーになる人物
 
かもしれない。
 
そんなつもりで話を展開してみては?
 
 
 
 
とりあえず、私を「ママさん」と呼ぶアメリカからの客人と真剣に友好を深めたい。
 
じゃあ私が個人で出来ることはなんだろう、
 
最近はそんな風にやるべきことを決めるようになっていて実は毎日が面白い。
 
 
 
 

f:id:norimurata:20181222162425j:plain