歳をとること

最近、オーナーは老眼が進んだと1日に10回は言うようになりました。
 
なんとかルーペでも買えば、としか言いようがありません。
 
 
 
何かの記事で、「会いたい人はこの世にいない人」との見出しをみて,
 
歳をとるということはこういうことなんだと切なくなりました。
 
今、生きて目の前にいる人ってなんなのでしょうね。
 
私はじゃあ誰かにとってなんなのか。
 
 
 
親御さんの介護に通う中継地として、
 
ウチを何度もリピートしてくださっている方があります。
 
少しずつ親御さんの状況が深刻になっていくのが分かり、
 
介護疲れが増すこと必至です。
 
せめてウチで気分転換できればと、今まで以上に気になっていました。
 
微力なのですが。
 
 
 
 
こんな時、思い浮かんだのが昔お世話になったあるユースホステルの今は亡きT氏。
 
アドバイスがほしいわけでなく、
 
成長したねなんて褒めてもらおうとするわけでなく、
 
ただ会って話したいだけ。
 
叶わないことに、ため息をつくと、
 
「こんにちわー」
 
男性の来客が。
 
近くのカフェのオーナーさん。
 
まるでT氏の代わりに来てくれたかのような鮮やかなタイミング。
 
重いことも軽いことも、入れ替わり立ち替わり、
 
忙しい毎日です。
 

f:id:norimurata:20181107084835j:plain