2018年 鳥人間コンテストを終えて

2018年の鳥人間コンテストは、
 
残念なことに途中から中止となりました。
 
毎年7月最終土日に開催されています。
 
諸事情(物理的理由、大学生のテスト期間への配慮など)で、
 
順延は設けられていません。
 
一年かけて研究・準備してきても、
 
悪天候で成果を試すこともできないのが今年でした。
 
ゲストハウス無我にとってもこの二日間は、
 
盆と正月が一度に来たような特別な楽しい時間なのです。
 
毎年リピートしてくださる現役部員をサポートするOB・OGさん達、
 
フアン(海外からも)の方、でゲストのうちほぼ鳥人間関係者が占めていました。
 
ゲストハウス開業当時は、OB・OGの来彦がナゾでした。
 
学生時代を懐かしむためか、同窓会気分か、と思っていましたが、
 
それにしては人数が多いし、朝5時にはコンテスト会場へ向かうストイックぶり。
 
伺ってみると、機体の組立ての作業員であり、段取りなどのアドバイス
 
現役部員の精神的支柱に必要不可欠な存在だったのです。
 
社会人になって貴重な自分の休日に、
 
この献身【一機の人力飛行機を飛ばすのために】ですよ!
 
一発勝負ってのも魔力は絶大なのだと思いますが。
 
 
 
日本の終戦後、飛行機=軍事の象徴としてタブー視されていた時代があったそうです。
 
しかし高度成長期、グローバル社会を迎える中、
 
日本の航空技術の衰退を危惧した関係者が発起発案したのが、
 
この鳥人間コンテストだったとお聞きし感動しました。
 
技術の向上だけではなく、
 
他人同士が支え合う精神や武士魂のようなものも、
 
引き継がれているように思います。
 
当館に滞在中、出るゴミが少なかったことや、
 
ご自分のゴミを持ち帰って行かれる方もいらっしゃったので、
 
鳥人間の精神性の高さを垣間見ることができました。
 
これからも無事に存続していってほしいと願っています。
 

f:id:norimurata:20180801095907j:plain