彦根ホテル旅館組合の総会でした。

予定ではいつも通りオーナーが出席のところ、
 
諸事情で急遽私が出席です。
 
組合が発足して初めての総会でしたが、
 
意外と出席人数が少なく感じました。
 
【軋轢】【彦根市】【長年にわたる】【行政】【DMO】【観光協会】【予算】
 
などなど、キーワードだけで推し量れますよね。
 
特異的なことではなく、日本中ほぼ同じ構図なのでしょうが。
 
行政と絡んでいく組織の運営は大変です。
 
ただ、このホテル旅館組合の事務所が、
 
近江ツーリズムボード事務所の一画にあると聞いてホッとしました。
 
声をかけていただいて彦根観光協会に入会して三年ですが、
 
こんなこと私が言うのもナンですが、
 
地方都市の観光地の悲哀を勉強させてもらっています。
 
いつもとりとめのない文章ですが、
 
いつもに増してとりとめがありません。
 
協会にしろ組合にしろ、
 
一介のゲストハウスがお役に立てることがあれば、、、、、
 
とは思っています。
 
それにしても、
 
『観光』に携わっていく仕事は難しいとシミジミ。

f:id:norimurata:20180520211304j:plain