山岳事故について

ちょっといつもと違う話題です。

ですが、いつも心底から離れない話。

決着がついていないのですが、

書いておこうと思いました。

昨年春、信州のある山で従姉妹を亡くしました。

花の写真を撮るとき滑落、

救助されましたが、即死だったようです。

突然の訃報、すでに荼毘にふしたとの報せ。

あー疲れていたんだ、きっと。

電話を聞きながら私はそう思っていました。

主婦業に加え、親の介護をして、

好きな山登りでストレスを解消していたのでしょう。

また中高年の山岳事故があったと、

心無いネットの書き込みを見てしまい、

せめて親御さんの目や耳に入らないようにと願いました。

しかし、私もこのときまではネット民と同じで、

中高年の登山には冷やかな気持ちでした。

でも、変わりました。

理解してあげたい。

山に介護疲れを慰めてもらいたい気持ちを。

70代でも90代の親の介護をしている日本です。

どんなに年老いても、まだ年上が存在する。

報われない、救われない、介護する側。

どうすればいいんでしょうね。

亡くなった従姉妹は、

私が社会人になってから長く姉のような存在で、

これからも相談にのってほしい人だったんです。

山に「返せ」と言いたい。

私に時間が出来たら、

従姉妹の御主人と友人(遭難時同行していた)に会い、

話しを聞きたいと願っています。