はしだのりひことシューベルツ

ちょっと遅くなってしまいましたが、

今年の春休み中、無我を利用された高校生の一人旅が目立って増えていたので、

是非書き留めておきたいと思っていました。

中でも印象に残っている男子ゲストさんのエピソードです。

彼は思春期さながらの憮然とした面持ち、口数も少なめなので、

スタッフ側は「ちょっと心配」な位置づけ。

中には高校生といえど、社会人顔負けくらいのやりとりができる「心配不要」の人もいます。

その彼は第1日目は外国人と二人だけ、第2日目は満室で六人、

という相部屋ならではのバリエーションに対応できるか私は内心心配でした。

ドヤドヤと賑やかにゲストさんたちと過ごしていても、彼を気にかけていました。

修学旅行も個室の時代、大家族でも一部屋に全員が寝るわけではないでしょうし。

あるちょっとした気になることが起き、

オーナーが「こういうときは『ありがとう』というべきだ」と彼に諭したそうです。

翌日、全員のチェックアウトが済み、

宿泊棟に設置してある旅ノートを見ると彼の書き込みがありました。

ーーーありがとう、といえる大人になりたい。と。

百人一首の蟬丸の歌まで添えて。

知らないことを知りにいく人生の旅がスタートした宣言のように思えました。

そして、はしだのりひことシューベルツの『風』をYouTubeで見て涙する私。

      ♪  人は誰もただひとり旅に出て
          人は誰もふるさとを振り返る
          ちょっぴり淋しくてふりかえっても
          そこにはただ風が吹いているだけ

48年前の若者の歌う姿が、現代かと錯覚するほどなのです。

私が日々、旅と向き合った仕事をしているからなのでしょうかね、、、。

f:id:norimurata:20170625002217j:plain