彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

2020-08-16から1日間の記事一覧

恐怖は必要

小学校4年〜6年生の頃、今思えば私は霊感が強かった。 川のそばを歩くと泣き声が聞こえたり、 テレビの中にあり得ない人の顔が映り込んでいるのが見えたり。 受容体があったのだろう、その時期だけ。 大人になり旅をしていろいろなところに泊まるようになっ…