彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

営業再開しています。予約受付中です。

煮え繰り返るSeptember

ある人が、割れたお茶碗や買い換えたあとの食器などの活用法を 伝授してくれました。 ビニール袋にまとめておいて、 頭に血が上った時に、庭石かなんかに思いっきり当てることを。 うちは幸い四方を建物で囲む中庭。 庭石たくさん。 何十年も前、非常に聡明…

非メルヘン

図書館では決まって民話を読む。 市町村単位で個別に伝説・伝承・昔話がまとめられ(滋賀県の場合)、 ここ2年くらいで大体網羅、 県民性がどうやって培われてきたか勉強になった。 人間関係のどの部分がハードなのか、どの部分がユルイのかも傾向としてあ…

もうじき8年かな、、結婚して

趣味、価値観が合わない夫婦。 それは私たち。 おかげで知らない世界を垣間見ることばかり。 私の話の中で唯一「あ、素直に聞いてくれているな」と感じる話題が、 野球。 ダンナさんは野球とは縁のない人生だったようである。 (私は中学時代ソフトボール部…

延命湯

滋賀県東近江市の銭湯・延命湯に行きました。 風情抜群で、駐車場からのアプローチにテンションが上がりました。 川のせせらぎが聞こえて、柳が揺れて、、、。 看板犬は男湯に。 カワイイ顔しています。 時々通る近江鉄道。 八日市駅に近くて、かつて繁栄し…

アップデートして成長しよう

自治会長の仕事を手伝いつつ、思い出したことがある。 三年程前、町内での自宅葬(独居の御老人であった)のこと。 急な他界であったことや、身寄りが遠方の親戚のみであったこともあり、 町内の十数名程が御自宅へ集まり、お坊さんを依頼しお経を上げてもら…

給湯器の怪談

宿泊棟専用の電気給湯器から異音があったのが先々週。 すぐメーカーに電話し、3日後くらいに担当者がお見えになり、 電気系統は異常なし。 水道系に当たってくれというので、当館の建設時からの工務店さんに相談。 やはり3日後くらいに水道専門者がお見えに…

明日を捨てる

自称メモ魔である。 (あ、メモ魔って死語でしょうか?) 写真も撮るけれど、メモ書きしたりロングに書き写すのも好きである。 30歳前後、自分に何かそういうクセを作った方がいいなと思ったからだ。 つまり戦略 すっかりそのクセも板についた頃、 どこかの医…

保冷枕 愛

いわゆるアイスノン 夏の暑さと更年期障害で、寝る時の氷枕使用がルーチンです。 ナース時代、慢性呼吸器疾患の患者さんが就寝時このアイスノンを希望する人が多かった のですが、今一つ質問する気が起きず悔やまれています。特別な傾向や嗜好があったかも。…

断腸の思い

よく聞く言葉ですね。 ハラワタ(腸)がちぎれるほどの辛い思い、です。 本当にちぎれたことのある私は、 やっと三年になり調子が良くなりました。 回復も一段落なので、これからいろいろ整えていきたいです。 体重⁉︎とか。 有名な方が会見でよく使う断腸で…

ホテルカリフォルニアにたどり着く

学生時代にふっと還る曲、ビリージョエルのthis nightとlongest timeを聴いた。 検索していると、イーグルスのホテルカリフォルニアの紹介があったので 聴いてみると(もちろん有名なので知ってはいた)、とても味わい深い。 リアルな思い出のビリージョエル…

時間の感覚

「みぐさいなあ」という言葉が沸き上がった。 みぐさい、とは長野県の方言で見苦しいという意味である。 外面も内面もどちらの場合もある。 可愛げが感じられる好きな方言の一つだ。 長野県松本市にいたのは、10代終わりから30代半ばまで そう青春時代、方言…

オンライン無我

オンライン無我の試験運用を始めました。 今まで移住相談や会議で運用していましたが、徐々にグレードアップしていきます。 リモート移住とリモート趣味の追求の二本立て、 9月は試行期間で10月から本格運用をと予定しています。 しっかり練って、作り出して…

地元メディアの撮影

2週間程前に、 地元メディアの特集のために我々の写真撮影をとお声がけいただきました。 初秋向けになるため、薄手の長袖着用との指定がありました。 少し悩んだ末に、私は手持ちの黒無地でダンナさんはオフホワイトのトップスにしました。 当館の母屋のお…

限定的な登場人物

頻回に登場する有名人 ジャイアント馬場、アントニオ猪木、衣笠祥雄、横山やすし、イソノフネ、、、 時々登場する有名人 双羽黒、河合その子、川端康成、、、 以上、ダンナさんが会話の中によく登場させる人物。 ほぼ、こんなラインナップで何年かが過ぎた。…

まちづくり

先日、複数の町内会からの要望があって 空き家(厳密に言えば所有者が他所に存在している)の【雑草生い茂り問題】を 自治会長の当方が文書をまとめて市役所に陳情しました。 意外と対応が早く、一週間後くらいに 彦根市役所・まちづくり推進室の方が現場を…

偉大な庭

食べる分だけ収穫して食べ切る楽しみに浸っている。 毎日ではないが、こういうことが出来る生活は尊い。 庭で自生しているものもあって、こんなありがたいことはない。 来年もやろう! 同じ来年が来るのか? 複雑なところはあるが、 一日を無事で過ごせたこ…

恐怖は必要

小学校4年〜6年生の頃、今思えば私は霊感が強かった。 川のそばを歩くと泣き声が聞こえたり、 テレビの中にあり得ない人の顔が映り込んでいるのが見えたり。 受容体があったのだろう、その時期だけ。 大人になり旅をしていろいろなところに泊まるようになっ…

静かに、開業7周年を迎えました!

ゲストハウス無我は、 おかげさまでスタッフ一同元気に開業7周年を迎えました。 何方さまも逆境での日々を送られている中、 ゲストハウス無我へ励ましの声援をくださり、 これ以上の喜びはありません。 感動や楽しみなど、少しでも皆さまに還元できますよう…

旅先で聞いた戦争の話

十数年前、旅の途中にドミトリーの宿の同室者から窺った話。 私が当時看護師をしていたために、古い思い出話を聞かせてくださった。 その方は70歳近い女性で、お若い時に自宅近くの病院でボランティアをしていた。 戦争中、負傷して心身に障害が残るなどした…

かわいいと言われるのはうれしい

所用で夜中の2時過ぎに寄ったコンビニ。 お会計をしてもらっていると、店員さんが 「そのエコバッグはTシャツで作ったものですね?」と声をかけてきた。 「そうですよ。切って結んだだけです。」と答える。 もう一人の店員さんにも声をかけている。 「かわい…

逆境

甲子園での高校野球(交流試合)が開催されました。 コロナで春の大会が中止になったのですが、 その出場校がスライドする形で一回戦のみの大会です。 高校野球は、おそらく想像以上のファンがいると思っています。 他のスポーツは観ないけど、、、 野球のル…

鳥人間を想う

日本の終戦から75年という日。 今年はコロナ禍で、鳥人間コンテストは開催されませんでした。が、 このコンテストが戦争と関連があることを書き留めておきます。 彦根の松原海岸で例年行われている鳥人間コンテスト(以下、鳥人間)は、 参加する大学のOBやO…

買い物で立ち寄ったお店の入り口で、非接触式体温計で店員さんに測ってもらったら 「37.8度です。体調悪いですか?」と言われてビックリ。 というか、暑いです、、、。 南西向きで全面ガラス張りの入り口で、猛烈に暑い場所でした。 特に入場制限されたわけ…

ドリームボール

私個人的に今、幸運だと思うことは、 安楽死についてどう思うかという議論をキャッチボールできるオバチャンが身近にいること。 バイト先の方なのだが、はるかに予想外のドリームボールを投げてくるオバチャン。 これだけでもバイトは有意義だと感じている。…

空き家問題は高齢者問題

夏の盛りになって 町内の空き家の繁り過ぎ雑草や木の枝が通行に邪魔問題が 目立ってきました。 自治会長であるがゆえ、皆さんから問題の空き家の主人の様子を窺いますと 【高齢者】【欲高い】【話が通じない】という共通点があります。 お手上げなキャラクタ…

人形の家

90年代よく仕事終わりで同僚とカラオケに行きました。 そしてよく歌っていた「人形の家」。 後輩が覚えてしまい、その人のレパートリーになっていました。 私のこと思い出してくれているかな。 先日、歌手の弘田三枝子氏が亡くなって思い巡らせています。 記…

移住を考えている人

東京の友人(女性)からのメールで、東京の様子を時々窺っている。 コロナ感染の身近さが、地方とは違うように思う。 彼女曰く「上司の親戚が突然亡くなって、 コロナ陽性だったと判明したので接触者はPCR検査をした」などといった内容が毎回あがる。 今のと…

移住向けシェアハウスの日常

当然なのですが、 移住するというのは家を見つけて住民票を移すだけのことではないと再認識しました。 先日、彦根移住をスタートさせた方のサポート(おこがましい)をして、 自分たちの7年前の姿を思い出しました。 ご近所さんとの折衝をする緊張感。これだ…

伝言

先日、音信不通だった友人から数年ぶりにメールがあった。 2〜3回のやりとりをして、変わらないスタンスだと確認できた。 というか、そう思うより仕方がなかった。 近況報告もなく、アドレス確認くらいで途切れたので。 そう、仕方がない。 言い出したら山ほ…

高校周辺の喫茶店

かなり前、通学していた高校の周辺には 小さな喫茶店がいくつかあった。 今、車で通る限り学校は存在しているが喫茶店は姿を消している。 想像つかない話かもしれないが、 ちょっと話しに行こう、、と先生が【校外職員室】に使っていたのが喫茶店だった。 悩…