彦根ゲストハウス無我の女将のブログ

漂泊の思い・第二の故郷、としての【宿り】の場所を作っていきます。パンデミックの中、模索する日常のあれこれを記します。

エモい

f:id:norimurata:20201227234915j:image

ご近所の奥様と本当に久しぶりに会話をしました。

 

玄関にお正月飾りを取り付けながら、道を挟んで2〜3の会話だったのですが

 

何でしょうねー⁉︎この嬉しさって!!!

 

人と会う、人と話す、

 

このことがこんなに気持ちを明るくするなんて。

 

自分自身の気持ちの動きにちょっと驚きです。

 

人間の欲求の源はやっぱり会話なのでしょうか。

 

エモいって使い方合っていますかね?

 

 

 

 

遅かった電話

f:id:norimurata:20201227004657j:image

『この電話番号は現在使われておりません』

 

って、音声案内はドラマ以外で初めて聞いたかもしれない。

 

今夜ある知人宅の固定電話に電話をした結末。

 

半分納得と、半分後悔。

 

ネット難民だと言っていた人なので、もちろんSNSにも引っかかってこない。

 

消息を知る若干の手段はあるのだが、

 

このまま追求せず、自然に任せようと思っている。

 

一瞬心が乱れた(音声案内を聞いた時)が、

 

過ぎ去った日々の長さを思えば仕方のないことだと冷静になった。

 

人生思い通りなることなんか少ないよ、

 

以前その人に言われた言葉を噛み締める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマス

f:id:norimurata:20201225001555j:image

コクられちゃった

 

とか

 

似つかわしくない人が可愛いものを買っていた=彼女へのプレゼントかな

 

とか

 

知らない人のことでも報告を受けると温かい気持ちになります。

 

温かい、を通り越しコーフンしそうです。

 

コクられちゃった人は実際、当宿のゲストさんでした。

 

嬉しかったんでしょうね、オーナーに報告するなんて。

 

でもわかるなあ、うれくても家族にはまだ言えないし。

 

ちょうどいいところに言っても大丈夫な人がいた、って感じかな。

 

どうでしょう、クリスマスはどうお過ごしなのかなあ〜〜

 

どちらさまも、嬉しいワクワクする報告、待ってマス♪

 

 

単なる趣味

f:id:norimurata:20201222001438j:image

滋賀を舞台にした小説をできる限り読んでいる途中です。

 

が、第二弾。

 

湖を歌った歌をリサーチしたら面白いかも、、、と思い立ちました。

 

少し捜したら、昭和歌謡に結構あるようです。

 

エキゾチック、異国情緒、が受けた時代に『湖』がテーマの曲はロマンそのものです。

 

ただし哀愁、神秘、絶望、祈り、のような陰のイメージが漂います。

 

パンデミックに何か符合するものはあるでしょうか。

 

まだ収集の入り口に立ったところなので、どういうイメージに変わるか分かりません。

 

めざせ、湖の歌のコンシェルジュ

 

何もかもネットのおかげでリサーチも視聴もできるわけで、ありがたいことです。

反映

f:id:norimurata:20201220231003j:image

ギャグアニメ(もちろん昭和だ)の『ハクション大魔王』に

魔王がモーレツ(現・パワハラ)じいちゃんに半ば連れ去られ、

山中の鶏舎で強制労働させられる話がある。

魔法も禁じられ、食の提供もほぼないため、魔王は痩せ細ってしまう。

あの魔王が、養鶏しているなんて、、、

パワハラが魔法を抑え込んでいるとは、、、

ともあれ、

ああ、これって当時ブームになったブロイラーだ、と気づいた。

副業である。

アニメは時代背景を反映している。

当時親戚にもブロイラーやっていた人がいたし、周辺でよく耳にした。

再放送の録画を非常にしみじみ観たのであった。

副業、投資、なんて言葉は新しく感じるが、昔々から世の中に根付いているものだ。

現代なら何をギャグとしてピックアップできるのかなーーー?

 

ちなみに第33話の前半と後半の後半の方(大魔王はコケコッコー)です。

激ヤセの魔王さんが見れる貴重な回なので、ネットで機会のある方は是非に。

 

 

 

 

 

素敵な一日

f:id:norimurata:20201220000406j:image

今日は年に2〜3回のノビノビ解放日。

野菜、食べない。

ジャンク、ばかり。

アンチエイジング、どうでもいい。

いいのいいの。

はいはい。

自分だけの時間がある日。

スーパーのカゴの中、とても主婦と思えないものばかり。

でも気にしない。

一瞬、プリンでも作ろうかなって思ったけど、

ダメダメそういうこともやらない日。

日頃、いろいろな体裁を気にして生活しているか気づく。

そのストレスは全部、家人へと向けられる。

自分ばかり忙しく何かを抱えていると気負いがち。

バリバリ、ズルズル食べながら、

いつも申し訳ないね家族さんよ〜と思ったりする。

年をとってきて、『捨てる日』を持とうと決めている。

今はお酒も飲まないし、定期な休日があるわけでもないので、

自分でえいやーってこういう日を作って捨てる。

たまには徹底的にジャンクな日っていいですよ。

コインランドリーブルース

f:id:norimurata:20201218205325j:image

ここ2〜3日の雪掻き作業で塩カルに塗れた衣類一式を持って

コインランドリーにやって来ています。

最近所々でお見かけするコンビニ併設の24時間営業コインランドリー。

元々、旅先でコインランドリーに行くのが好きだったので

ちょっとした旅気分です。

わたしは車旅なので、休憩時間が確保のために寄ることは大切でした。

際限なく運転してしまうことになるので、、。

意外と無防備なローカル感が満載で良かったりするのです。

銭湯に近い感覚かもしれません。

明日明後日も雪掻き作業の可能性はあるので、乾燥もしていきます。

全行程60分くらいでしょうか。

隣りのコンビニで何か調達しようか迷うところです。

うーん夜だしなぁ〜〜ガマンガマン。